建宗寺トップページ|愛知・名古屋・大治のペット葬儀|建宗寺

愛知・名古屋でペット葬儀・火葬・納骨を執り行う
愛知・名古屋でペット葬儀・火葬・納骨を執り行う
愛知・名古屋でペット葬儀・火葬・納骨を執り行う

建宗寺ではペットを家族同様に葬儀・火葬・納骨まで一貫して供養を執り行うことが出来ます。小さな家族との最期のお別れを後悔なくお見送りしたい方は建宗寺までお越しください。

建宗寺だからできる供養方法

【1】愛知西部・名古屋西で唯一、お寺が葬儀から納骨まで一貫して対応

【2】人と同じ供養・葬儀を本堂内にて執り行う

【3】ペット専用の火葬設備にて、お寺内にて火葬ができる

【4】他の家族との合同葬ではないので、家族だけの空間でお見送りが出来る

【5】当日受付~納骨終了まで最短90分、日中や夜間の時間帯も選べる

【6】超大型犬までもが火葬対応可能(もちろん、猫や小型犬にも対応)

建宗寺が選ばれている理由

【理由1】名古屋駅から車で15分、駐車場16台完備という好立地

【理由2】葬儀にかかるオプションはなく、わかりやすい料金体系

【理由3】ペットと家族が一緒に同じお墓に入れる樹木葬も選択可能

【理由4】いつでもペットのお参りができる納骨堂を完備

【理由5】宗教不問、どんな方でもお申込みができる

   

 

建宗寺ではペットも家族同様に葬儀・火葬・納骨までの供養を以下の費用で執り行います。また、個別葬儀のプランしかご用意しておりませんのでご注意下さい。

建宗寺のペット葬儀の費用(お布施)

 葬儀のタイプ個別供養
プラン内容一家族ごとの供養
お葬式¥30,000
火葬¥15,000
※大型犬は¥20,000
納骨(永代供養)※希望者のみ¥30,000(年間管理費用も含みます)
合計料金(納骨なし)¥45,000~
合計料金(納骨あり)¥75,000~

※火葬料金に関してわからない方はお問い合わせください。
※葬儀・火葬・納骨に関して、上記以外に発生する費用は一切御座いません。
※すべて税込み価格です。

 

 

ペット葬儀にかかる時間

【受付】

皆様の都合に合わせて、8:00 ~ 21:00のお時間でお申込みが可能です。

お気軽にご相談ください。

※日程によって対応できない場合が御座います。あらかじめご了承下さい。

※空きがあれば最短当日でのお申し込みも可能です。

【所要時間】

建宗寺のペット葬儀は具体的に「➀お葬式」、「②火葬」、「③納骨」の3つで構成されています。

➀お葬式
【所要時間】30分~40分


他社様と比べてゆっくりとお見送りすることが建宗寺の特徴です。
丁寧にお経を読み、そのあともご家族様とペットで、お話しとふれあいのお時間をご用意しています。

②火葬
【所要時間】40分~1時間30分程


火葬時間はペットの種類によって大きく個体差が発生してしまうので、長めに予定をとってもらうのがよいかと思います。

今までの事例
小型犬・猫・小鳥  40分程度
中型のペット    1時間程
大型のペット    1時間半弱

種類が同じでも火葬にかかるお時間が同じとは言えませんのでご了承ください。

火葬が終わりますと、「拾骨」(10分程)のお時間があります。
飼い主様ご自身の手でして頂くか、こちらでさせて頂くかお選び下さい。

納骨を希望されない方は、こちらで終了です。

※ご遺骨はお持ち帰りください。

③納骨
【所要時間】10分程


拾骨をし、骨壷に移したご遺骨を建宗寺では廟堂という納骨堂でお預かりし、納骨いたします。僧侶による読経があり、その後お納めします。

※土に埋葬という形ではありませんので、なにかあれば返却対応も可能です。

ペットの供養で後悔されている方がいらっしゃいます。今すぐでない方も、わからないことがあればご相談だけでもお越しください。

時代の変化にともない、「ペット」は本当の意味で家族という存在になっていると思います。しかし、供養の現場ではまだ課題がたくさんあります。建宗寺にも、「遺骨が返って来なかった」、「火葬のみの供養だったけれどお寺でお見送り出来たらよかった」などといったお話しをいただくことがあります。
大事な家族を安らかに天国へ送ってあげられるように建宗寺ではご供養させていただきます。
一緒に過ごした想い出をいつまでも大切にしたい、そんな方々のお気持ちに応えられるように真心込めた法要をします。
大事な家族の一員としてお見送りをされたい方は建宗寺までお越しください。

名古屋のペット葬儀事情

日本ではペットが亡くなる際にも葬儀、火葬などの供養をするケースが増加しています。ご遺体を火葬、供養したいけど費用がわからない飼い主さんにとってよい別れ、見送りが出来るように、ここではペット葬儀にかかる費用をお伝えします。しかし、一口に費用と言っても霊園や斎場によってかかる費用は様々です。名古屋には、瑞穂区や天白区、南区にも霊園があります。また、愛知には、長久手市や半田市、春日井市にも霊園があるので、どこにお住まいの方でも選びやすいと思います。ここでは、名古屋の一般的な葬儀費用をお伝えします。ペット葬儀と一口に言ってもその中には、「葬儀(読経などの法要)」、「火葬(骨拾い)」、「納骨(埋葬など)」があります。

〇葬儀の費用

まずは葬儀の費用から説明していきます。葬儀や読経などの法要は僧侶が執り行うものです。霊園によってはついてない供養もありますのでご注意ください。費用は様々ですが、読経と呼ばれる場合、お経は短いですがその分、費用も抑えられる印象です。葬儀とつくと丁寧にお経を読みその分、費用がかかる印象です。おそらく5000円~30000円程だと思います。これは葬儀(読経)でかかる費用ですので間違われないようにしてください。またここに関しては、ハムスター、モルモット、うさぎなどの小型、セントバーナードやドーベルマンなどの大型など体重や体長で費用は変わらない場合がほとんどです。葬儀が終わったら、出棺し炉に移動し、火葬です。火葬に関してはペットの遺体の体重、体長、火葬のプランで費用が大きく異なります。ハムスターやモルモット、小鳥、うさぎなどの小型の動物の場合、火葬の費用は7000円~40000円程度です。中型の柴犬などの犬、猫の場合だと15000円~50000円程度です。セントバーナードやドーベルマン、秋田犬など大型の犬ですと、25000円~70000円程度かかります。費用に差があるのは、もちろん斎場や霊園によって費用が変わるのもありますが、それ以上に火葬のプランの差が一番大きい点であります。火葬のプランとして、立会での個別火葬があります。一番人の供養の際と近いのがこちらです。骨拾いも含めた供養に立ち会うことが出来ます。そのため費用が割高となっています。ハムスター、モルモットなどの小型の動物で20000円~40000円。中型の犬や猫だと、30000円~50000円、セントバーナードやドーベルマンなどの大型サイズの犬で50000円~70000円程します。家族同様に別れがしたい方はことらを選ばれるのが良いかと思います。次が一任での個別火葬です。一任とは、出棺以降の火葬、骨拾い、納骨(墓地への埋葬など)は霊園や斎場に任せる方法です。この場合、ハムスターや小鳥などの小型の動物で10000円~20000円、中型の犬や猫で、15000円~30000円、セントバーナードやドーベルマンなどの大型の犬で30000円~50000円します。火葬が個別で執り行うことが希望の方で費用を抑えたい、遺骨が返ればいい方はこちらがおすすめです。次が合同火葬です。合同での火葬の場合、費用は抑えられます。しかし、一度に遺体を複数、火葬するので遺骨は返ってきませんし、骨拾いもできないのでご注意ください。費用としては、ハムスターやモルモットの小型の動物で7000円~15000円、中型の犬や猫で、15000円~25000円、セントバーナードやドーベルマンなどの大型の犬で25000円~40000円程度でしょう。他にも、遺体を引き取る訪問での火葬もあります。ペットと安らかに良い別れが出来るのは自分たちにとってどれか後悔ない選択をしてください。また、他にも自治体での火葬もあります。費用はかなり抑えられますが、合同火葬と同じく遺骨は返らないことが多いのでご理解ください。ここまでは火葬の供養に関する費用を説明してきました。次が納骨です。納骨の中にも墓地などでの埋葬や、ロッカーなどで骨壷に入れて預かる納骨の方法、位合同で埋葬し、位牌を作るなど様々です。斎場や霊園で差があるので希望の納骨があるかもチェックが必要です。納骨の場合は、基本的には体重、体長で納骨費用は変わらないでしょう。ただし、骨の大きさが変わるため必然的に骨壷は大きくなるので霊園、斎場によっては差がある可能性もあります。まず説明したいのは合同での納骨です。(墓地への埋葬含む)ひとつの大きなお墓に遺骨を合同で納骨する方法です。合同のため費用は抑えられること、霊園、斎場でもまだまだペット用の墓地は少ない傾向ですので、一般的な納骨と言えるでしょう。費用は5000円~30000円程度です。僧侶による読経や年管理費用がかかる場合もありますので事前に確認をとりましょう。合同での納骨が受け入れられない飼い主さんもいらっしゃると思います。その場合、ロッカー式の預かりでの納骨が良いのではないでしょうか。骨壷のままお入れいただくタイプなどがあります。費用は先程の合同より割高にはなりますが、お参りしやすいと言えるでしょう。名古屋にも近年では樹木葬と呼ばれる、人と同じ墓地に入るもののあります。ペットと一緒に眠りたい方は一度検討してみてはいかがでしょうか。他にもメモリアルグッズと呼ばれるものもあります。位牌をはじめ、かわいい骨壷、ペンダント、キーホルダーにしたりするものもあり、費用は5000円程度のものから10万するようなものもあります。興味がある方は手元供養、メモリアルグッズで検索してみてください。またペット用の仏壇も存在します。供養を自宅でもしたい方は良いと思います。安価なものもありますのでペット葬儀が終わった後いろいろ見てみてください。

〇ペット葬儀 時間

ここではペット葬儀を考えるにあたり、飼い主さんが気になる名古屋で供養する際にかかる時間についてご説明していきます。ペットの霊園や、僧侶にお願いしペットの供養をする方は増加しています。しかし、ペットの葬儀や供養のことがあまりわからない方がほとんどだと思います。ペット葬儀と言っても霊園や斎場、僧侶によって受けられる供養、時間は異なりますので、そのあたりも含め知っておくとよいでしょう。

まずは、ペットのご遺体の安置に関するお時間です。名古屋に限らず、愛知、日本では火葬をするまで、基本的には自宅でご遺体を安置するのが一般的ですが、時期によって安置が出来る時間は変動すると思ってください。夏場はやはり遺体への負担も大きいので、クーラーなど涼しい環境で、ドライアイスや氷、保冷剤で保冷をすると短くても2~3日は安置が可能です。ですので、ペットが亡くなる際はまず、霊園や寺院に電話をし、お日にち、時間の予約をしてください。霊園や斎場によっては炉が1機のみの場所もあり、予約なしだと多くの場合は立会いでの供養、火葬は難しいでしょう。自宅での安置が難しい場合は葬儀、火葬当日まで霊園や斎場で預かりが可能か聞くのも1つです。もしくは、引き取りでの火葬を執り行う火葬の業者もいます。またよく、私たちの寺院にも飼い主様の中でお仕事をお休みされる方もいます。立会いでのペット葬儀、火葬、納骨を希望される方や、予約がとれないとき、自宅での安置が難しい方はそのようなケースもあるので参考にしてみてはいかがでしょうか。

次にペット葬儀にかかる時間をご説明します。

名古屋、愛知には、たくさんの寺院や霊園がありペット葬儀でも霊園や斎場、僧侶によって時間は一概には言えないので一般的な事例でご説明していきます。また、ペット葬儀の中には、「葬儀(読経と呼ぶ霊園もあります)」、「火葬(骨拾い含む)」、「納骨」があります。ますは、葬儀についてです。霊園に行く際はご遺体を棺(段ボールのような箱状のもの)に入れてご移動ください。葬儀というのは、僧侶や寺院の住職が執り行うものです。読経も含め、法要と呼びます。葬儀にかかる、だいたいの目安は15分~30分くらいの時間でしょう。葬儀を、火葬をする前に行う霊園では、遺骨になる前の最期の時間ですのでお別れセレモニーの時間を用意してくれる場所もあります。葬儀が終わると、いわゆる出棺です。炉に移動します。そして火葬をします。火葬の時間はペットの個体によって様々です。ハムスターや小鳥などの小動物は、30分~50分程度、チワワなどの小型の犬や猫で、40分~70分程度、柴犬などの中型の犬で50分~80分程度、大型の犬ですと80分~2時間かかることもあります。犬の種類以外にも火葬にかかる時間は変動するので飼い主さんは余裕をもって足を運んでください。また、火葬の供養をする際、棺やお花などを一緒にしない霊園もあります。これはご遺骨がきれいに火葬できないことを防ぐためです。骨になったときのことも考え、知っておきましょう。また、火葬が終わると希望の方は骨拾い、拾骨をします。(霊園、斎場によって断らる可能性もあるのであらかじめ確認が必要です)ここまで供養をした後は、納骨です。霊園や斎場によっては樹木葬など墓に納め埋葬での納骨、ロッカーなどで骨壷に入れ預かりでの納骨、永代での管理や年管理費用がかかる場所がありますのでそこも事前にチェックしておきましょう。納骨の際に僧侶の読経があることもふまえると、ここでかかる時間は15分前後です。流れとしては、ペットの死去の段階→霊園、斎場の予約→(当日)受付→葬儀(読経)→出棺→セレモニー→火葬→骨拾い→納骨(埋葬など)が供養の全体図です。この流れは個別供養と呼ばれる流れでトータルで1時間30分はかかると言えるでしょう。しかし、一任(霊園に供養を任せる形)や、合同でペットの供養、火葬のみの供養、納骨を希望されない方など様々なプランに応してかかる時間も異なります。

※また、よくある質問としてペット葬儀の際に喪服で来た方が良いですかと聞かれますが、僧侶の私自身は飼い主さんさえよければ喪服でなくても構わないと思っています。人の葬儀などの法要では喪服を着るのが一般的なため、周りの目もあると思いますが、ペットの供養は基本的には家族だけのため、皆様が普段ペットと接した格好が良いのではないでしょうか。

〇ペット葬儀 流れ

ペットも人と同じように別れを迎えます。そのとき後悔しない見送りの時間に出来るように飼い主さんはペット葬儀のことを知っておくと良いと思います。ここでは、名古屋、愛知の一般的な葬儀、供養の流れをご説明させて頂きます。ペットが亡くなる際に飼い主さんにまずして頂きたいのは、遺体の安置です。段ボールのような箱状のものを棺とし納棺、体液を防ぐために厚めのタオルを敷きドライアイスや保冷剤を使い遺体を保冷しておきます。夏場は遺体の負担が大きいので、クーラーの効いたお部屋で安置し腐敗を防いでください。また、火葬するときに首輪は外した方がよいのでその際に外しておきましょう。また、臨終、亡くなると死後に硬直が始まるので四肢を曲げてあげましょう。安置の用意が出来ましたら、次に供養をお願いする霊園や斎場と、供養のプランを選びます。霊園や斎場によって受けられる供養は様々で、僧侶による葬儀や読経の法要がセットのところもあれば、自宅までお迎えし、火葬をする業者様もいます。また、霊園や斎場によって納骨(埋葬や墓)まで対応可能な場所もあります。飼い主さんの想いに合った弔い方をしてあげましょう。葬儀や火葬だけでなく遺骨の納骨方法も含め考えましょう。

次が、葬儀や読経と呼ばれることが一般的な僧侶による法要になります。人の場合ですと、葬式や告別式と呼ぶ時間にあたります。ペットの場合、旅立ちの際に通夜の儀式を行うケースはあまり聞くことはありません。もし、希望される方は、事前に霊園や寺院に確認しておきましょう。葬儀の中にも2種類あり合同での葬儀と個別での葬儀です。合同、個別を問わず、立ち会う場合は儀式の最中には焼香のお時間もあります。一任と呼ばれる供養のプランの場合は霊園、斎場にお任せし立ち会うことはありません。ただ、大事な家族の一員であるペットとの最期の別れの時間なので、なるべく立ち会うのがよいでしょう。葬儀、葬式が終わりましたら、出棺です。炉に移動し火葬を執り行うものです。火葬にも合同、個別の供養の2種類があります。合同での火葬の場合、遺骨が返ってこないケースがほとんどです。ペットの墓、墓地を用意したい方、埋葬したい方は個別での火葬をお選びください。火葬の場合、犬や猫、ハムスターなどの小型、中型などの動物で焼却にかかる時間、費用は変わりますが、流れに差はありませんのでご安心ください。寺院などにある炉で火葬をする場合、僧侶による読経があることがあります。僧侶にお願いする場合、基本的は手厚い供養を受けることが出来ます。遺体の火葬が終わりましたら、個別での供養の場合は、遺骨を収骨します。集めた骨をどうするかは事前に考えておくと良いですが、主に3種類あります。一つ目が骨壷に納骨し、寺院、霊園、斎場の永代供養をお願いします。手厚い供養をお願いしたい飼い主さんにとって良い形であると思います。一般的にはお堂での納骨、合同の墓地、墓に埋葬ことが多いです。2つ目は遺骨を持ち帰る、自宅での保管です。お庭に埋葬する形もしくは骨壷のまま、ペット用の仏壇に納める方もいらっしゃいます。ペット用の仏具も最近は売っていますので興味がある方はお調べください。また、近年では樹木葬と呼ばれるペットと飼い主さんが一緒に眠る納骨、墓の形もあります。一度見学してみてください。以上がペット葬儀に関する流れになります。要約すると、

〇臨終→〇ペットの安置→〇ペット葬儀をお願いする霊園、斎場、寺院を決め、供養のプランを選択する→〇僧侶による葬儀や読経の儀式を執り行う→〇炉に移動し火葬を執り行う→〇骨拾い→〇納骨(寺院や霊園での合同の墓、墓地での埋葬、お堂での納骨、骨を持ち帰り自宅での保管など)です。

ただし、ペットに限らず供養というのは葬儀や火葬で終わりではありません。寺院や霊園の中には、お盆の読経や年回忌の法事、墓石前での読経をしてくださる場所もあります。希望の飼い主さんは相談すると良いでしょう。また、寺院や霊園で納骨をされた方はそこで、お参りすることも可能です。線香を立ててあげて、ときには顔を見せてあげるのもよいでしょう。お坊さんの立場である私のおすすめとしては、ペットは小さな家族の一員ですので、後悔ないように見送りが出来る、人に近い形での供養を選ばれるのがよいのかなと思っています。飼い主さんにとって善進できる形も重要です。

自治体でのペット葬儀の流れとしては、葬儀というよりかは、火葬のみという言い方が近いでしょう。ここでは供養というよりペットの遺体を焼却し処分のイメージが強く、飼い主さんの中には後悔された方が多くいらっしゃいます。遺骨もかえって来ないと思った方がよいでしょう。ペットの旅立ちは一回しかありませんので慎重にお選びください。

また、覚えて頂きたいこととして、ペットの中でも犬が亡くなる場合、届け出をしないと狂犬病の予防接種の案内が毎年届くこともあります。お気をつけください。ハムスターや猫の場合は必要ありません。

いかがでしたでしょうか。名古屋市には、瑞穂区や天白区、愛知には、春日井市や長久手市、大治町、一宮市などあらゆる場所に霊園や寺院があります。供養をお願いする際の一つの条件として距離は重要なことだと思いますので周りにどんな場所があるか知っておくと良いでしょう。また、名古屋市、愛知では訪問でのペット火葬も多く執り行われています。上記以外の、例えば、みよし市や東郷町、半田市、日進市、阿久比や刈谷、名古屋市全域でも訪問してくださる業者様はいらっしゃると思いますので、訪問での供養を希望される方は一度聞いてみてください。

建宗寺|構内・本堂外観

宗教法人 曹洞宗 建宗寺
(しゅうきょうほうじん そうとうしゅう けんそうじ)
創立平安時代
住所〒490-1145 愛知県海部郡大治町中島大門先139
電話052-444-2259
アクセス名鉄バス名鉄バスセンター安松系統 大治役場前バス停下車 徒歩5分
名古屋市営バス 大治役場前バス停下車 徒歩5分
名古屋駅より車で15分
駐車場16台完備