名古屋市のペット葬儀|火葬・葬儀・墓地の知識【まとめ】|愛知・名古屋・大治のペット葬儀|建宗寺

愛知・名古屋でペット葬儀・火葬・納骨を執り行う

名古屋市のペット葬儀|火葬・葬儀・墓地の知識【まとめ】

名古屋市のペット供養の種類

名古屋でペットが亡くなった際は、どのような対応をすれば良いのか?そんな疑問にお答えします。

ペットが亡くなった場合の対応としては、次の3つの方法があります。

  1. 火葬のみを依頼する
  2. 火葬と納骨を依頼する
  3. 葬儀・火葬・納骨までを依頼する

最近は、私たち人間と同じように、「火葬、葬儀、納骨、お墓」まで、きちんと供養する形が増えてきています。
しかし、一口にペット葬儀と言っても、寺院や霊園によって供養の内容や、埋葬の方法は異なります。このページでは、そんな名古屋ペット葬儀の事情や、違いについて詳しく説明していきます。

名古屋市のペット火葬

名古屋には、ペットの火葬ができる場所は多く存在します。

  1. 八事斎場
  2. 移動式火葬者を持つ火葬業者
  3. 私たちのような寺院
  4. 霊園

しかし、選ぶ先によって、やってくれることが違いがあるため、飼い主さまの想いと違った雑な扱いをされて後悔するケースが後を絶ちません。そのため、料金だけを見て選ぶのではなく、どこまでやってくれるのか?をしっかりと確認することをお勧めします。

ペット火葬の種類

火葬の種類には、大きく分けて「個別火葬」と「合同火葬」 の2種類があります。 それぞれの供養の特徴や違いは以下の通りです。

個別火葬の特徴

  1. ペットの遺体を一体ずつ火葬する
  2. お別れや拾骨が、それぞれのご家族で出来る
  3. 遺骨を持ち帰り、墓地に埋葬するか選ぶことが出来る

合同火葬の特徴

  1. 何体かのペットの遺体を同時に火葬する
  2. 遺骨が混ざってしまうため、埋葬も共同墓地になることが多い
  3. 個別よりも費用は多少抑えられる

大切なのは、お見送りするご家族が、どのような送り方をしたいか?です。「遺骨を一部持ち帰って仏壇に置いておきたい」「自分の入るお墓に一緒に入れたい」などの希望があれば、個別火葬が良いでしょう。一方、費用を抑えて火葬をしたいのであれば、合同火葬がお勧めです。

火葬の一任・立ち合い

寺院や霊園によっては、下層の一任立ち合いの2種類があります。

一任での火葬とは、
ペットの遺体をお預かりし寺院や霊園に火葬を任せる方法です。
火葬後に遺骨を返してもらうか、埋葬・納骨するかは、飼い主さまが選べることが多いです。時間がない飼い主様にはお勧めの供養方法です。

立ち合いでの火葬とは、
飼い主さまが斎場へ行き火葬に立ち合い、その後拾骨まで行う方法です。
移動式火葬車の場合は、葬儀をする寺院や、飼い主様のご自宅に火葬者が訪問して火葬をしてくれます。
しかし、名古屋市の場所によっては、近隣の方から苦情が来たりするケースも見受けられます。また、自宅に駐車スペースがないと、火葬ができないケースもあるため注意が必要です。

名古屋市のペット火葬費用は?

ペットとのお別れのとき、経済的に費用の算出が難しいという方は、自治体のペット火葬を利用すると良いでしょう。

自治体のよって費用に差があります。また引き取ってもらうか、ペットの遺体を持ち込むかによっても価格は変わります。

ペット火葬費用は、1,000円~10,000円前後で収まることが一般的です。

自治体によって問い合わせ先の部署が違ったり、返骨が出来ない場合が多いため、事前にお住いの自治体に確認してから依頼することとお勧めします。

名古屋市のペット葬儀

ペット葬儀とは、 寺院、僧侶によって執り行われる、人と同じお葬式のことです。

ペットが亡くなったとき、火葬のみで良いという方も多いですが、家族同様しっかりとお見送りをしたいというご家族のご要望が増えています。
そのため、愛知県や名古屋市でもペットの葬儀をする寺院が増えてきました。
当院、建宗寺もその一つです。

名古屋市 ペット葬儀にかかる時間

名古屋市でペット葬儀をするとどれくらいの時間がかかるかというとおおよその目安は、葬儀~納骨までで1時間30分~3時間30分になります。

具体的には、次のような手順です。

お葬式(30分)

・火葬(50分~3時間)

・拾骨(5分)

・納骨(5分)

それぞれの手順で何をするのか、順番に解説します。

葬儀はそもそも火葬のみの供養であるところの場合ありません。葬儀がある場合は寺院にもよりますが、読経や儀式の時間がおおよそ30分程度かかるとみておくと良いでしょう。

次に一番時間に差が出る火葬についてです。

ペットの火葬というのはペットの大きさや、実は時期によっても時間が変わるものです。

ここでは一般的にかかる火葬のお時間をお伝えします。

大きさ・分類時間
猫やチワワなど(3kg前後)50分程度
準中型のペット(7kg~15kg前後)1時間~1時間15分程度  
中型のペット(15kg~25kg前後)1時間半強
大型のペット(25kg以上)2時間~3時間前後

火葬の業者によって時間の差はありますが一般的な目安はこの表になります。また近年ペットの種類も様々です。ハムスターや鳥など。時間も変わると思いますので対応してくださる霊園・寺院に相談してみて下さい。

名古屋市だけでなく全国的に見てもペットの葬儀や火葬といった供養が増えてきているのと同時にトラブルも増えております。中でも一番あってはならないと考えているトラブルに火葬の際に遺骨が残らないというものがありです。時間がかかっても正しい方法で丁寧に火葬を執り行う業者を選ぶことをおすすめします。

最期に納骨の時間についてです

拾骨をし骨壷にうつしたご遺骨などをお墓に入れたい方はここでもお時間は5分程かかると思います。

以上が葬儀にかかるお時間です。全部執り行うと2時間以上はかかります。ご不明点あれば事前に各寺院、霊園にお問合せして頂くのが良いと思います。

ペットのご自宅での安置方法

すぐには行けないという方もいると思います。ペットのご遺体はドライアイスや保冷剤を使えば、季節にもよりますが安置のお時間を延ばすことも可能です。日にちにして大体3日~1週間程度です。また安置の際は、水分がでてしまうのでペットシートやタオルを敷いてビニールシートのようなものの上に置くと良いです。大切なペットの供養のときですのでお時間に余裕をもって行ってください。

名古屋市 ペット葬儀の費用

名古屋市でペット葬儀の相場は寺院や霊園、受ける供養の差によっても変わりますが火葬のみで言うと、小型犬や、猫で10,000円~20,000円、中型犬で20,000円~30,000円、大型犬で30,000円以上といったところでしょうか。それに葬儀や納骨の費用が足される形になります。納骨もお墓の種類や年数、管理料がかかるケースもあります。また合同での供養か個別での供養かによっても変わります。後でトラブルにならない為にも事前に費用については確認されると良いでしょう。

名古屋市 ペット葬儀の選び方

ここまで名古屋市のペット供養の種類をご紹介してきました。では一体どこにペット葬儀をお願いすると良いのでしょうか。

ポイント1:総額費用を確認する

ペット火葬やペット葬儀・ペット霊園の費用の魅せ方は、業者やお寺によって様々です。最小費用だけを表示していたり、納骨費用が毎年かかる仕組みになっているなど、表示の仕方が統一されていません。オプションも含めかかる費用も多様化しています。

そのため、総額費用としていくらかかるのかを確認することが重要です。納骨や霊園の場合は、数年先までのコストを確認することをお勧めします。

ポイント2:火葬、葬儀をどこで行うのかを確認する

火葬車で火葬を行う場合、住宅地で火葬を行うことがあります。そうなると煙が出て近隣の住民の方から苦情が出たりとトラブルが起きています。炉の種類や、立会が可能かなども確認しておいてください。

火葬後の遺骨が返ってくるのかも確認してください。

ポイント3:住所や連絡先の確認

ペットの火葬や葬儀に限らずですが、住所や連絡先が記載されていないホームページの業者は要注意だと思われます。所在地確認は必ず行っておきましょう。

ポイント4:口コミの確認

インターネット上で口コミを調べることで、本当にいい業者かどうかを確認することで安心してお願いできるかを確認することができます。

ポイント5:埋葬はどうなのか?

中にはご自宅のお庭に埋葬したいという方もいらっしゃると思います。ただ、埋葬の場合にも注意する点が御座います。

一つ目に、公共の場所に埋葬すると不法投棄になってしまうこと         

二つ目に、火葬をせずに埋葬すると異臭が出てしまうこと

以上の点は気をつけて下さい。

ペット葬儀のよくあるトラブル事例

名古屋市でペットの火葬や葬儀にはどんなトラブルがあるのでしょうか?

代表的なものを3つご紹介します。

よくあるトラブル1:遺骨を不適切に扱う

火葬業者の中には、遺骨を不適切に不法投棄することがあります。山や川に捨てたりなど、遺骨を適切しないというケースです。セレモニーのスタッフさんによってこのような事例は報告されています。

だからこそ、ペットの遺骨が丁寧に扱われているか、確認することをお勧めします。

「飼い主様に遺骨を返却します」とうたっていても立会いができない場合、その遺骨が自分の飼っていたペットがどうか判断することは火葬後では難しいため、どのような方法で火葬をするのか、立会いができるのかなどを必ず事前に調べることをお勧めします。

よくあるトラブル2:予定外の金額を請求された

最初に言われていた金額と、火葬後、葬儀後の請求金額が違ってびっくりする。そんなトラブルが近年非常に増えています。

火葬や葬儀の最中に、オプションのような形でどんどん金額を上乗せされ、最終的に高額な金額を請求されるケースです。

もし、途中で断ろうとすると、火葬途中でやめて返すと言われたと伺いました。焼却中に取り出すと生焼けの状態になることもあり、ペットに対して思いのある人は泣く泣くお金を払ってしまうということです。

よくあるトラブル3:遺骨が焼けすぎてなくなってしまった

動物の個体の大きさによって焼却時間が微妙に異なるため、焼けすぎてしまい残らないということがあります。

悪意があって焼けすぎることは少ないと思いますが、ペットの種類によっては焼却の温度が難しいことがあります。そのため、事前に種類の実績等も確認することをお勧めします。

名古屋市のペット納骨

納骨、つまりペットのお墓の事情について説明します。

飼い主様の中には埋葬せず身近に遺骨を置いておきたい方もいますが、多くの場合、埋葬されます。名古屋の業者様にもペットの納骨をしてくださる方はいます。大体の場合、1年単位でいくらか金額が発生します。

また、合同のお墓もありいろんなペットと一緒に入る形も増えています。ペットの場合、一般的な先祖代々のお墓に入ることは難しいと思います。

飼い主様の中にはペットと一緒にお墓に入りたいと思われる方もいると思います。そんな方の想いに応える樹木葬というお墓もあります。名古屋市でも埋葬の種類も以前に比べ選択肢が増えましたのでご紹介します。

納骨・埋葬の方法

1. ペットの合同納骨

ペット専用のお墓です。何体かの遺骨が一緒に入るため費用は安いですが一度納めると遺骨を返してもらうことは難しいでしょう。

2. 個別タイプのお墓

ペット専用のお墓を用意するケースもあります。対応してくださる寺院・霊園は少ないですので確認してみると良いでしょう。

3. 飼い主様と一緒にお墓に入る

樹木葬や永代供養墓などの中には人と同じお墓にペットが入れるタイプもあります。飼い主様から大変喜ばれているタイプのお墓です。

4. 散骨(海・山など)

法律的にグレーな部分ではありますが、ペットに限らず遺骨を海や山にまく埋葬の仕方があります。費用はお墓を用意するより抑えられますがお参りしたい方にとってはあまり適していないことと名古屋市では場所も限られると思われます。

大まかに以上の4つがあります。位牌が欲しい方は事前に聞くことや飼い主様はお参りの行きやすさやご自身の想いにどのタイプのお墓が近いか検討してみると良いでしょう。

最後に

建宗寺がある名古屋を含めた東海地方は全国的に見ても世帯数に対するペットの飼育数が多いエリアです。1位の三重県、3位の岐阜県、8位の愛知県、9位の静岡県(平成25年度時)とトップ10に東海4県すべてが入っています。

大事なペットの最期の別れのときに後悔ないようにしたいと思うのは飼い主様の当然の感情だと思います。名古屋の地でも終活という言葉をよく聞くようになりました。ペットも供養の形が沢山あることを知り、ご家族で一番良い供養の形を作ってあげることは名古屋、東海エリアにある建宗寺にとって皆様のお気持ちに寄り添えると考えました。火葬をしてくださる葬祭業の方は沢山います。八事斎場でも火葬はしてくださりますが、ペットも家族と一緒の形でお見送りしたい、そんな方はペットもお葬式、火葬、納骨の一貫した供養をしたいという飼い主様もいると思います。供養を飼い主様が納得して後悔なく選べる世の中になればいい、飼い主様が善進するきっかけになって欲しいそう思っています。

タイトル1
テキストテキスト1
タイトル2
テキストテキスト2

建宗寺|構内・本堂外観

宗教法人 曹洞宗 建宗寺
(しゅうきょうほうじん そうとうしゅう けんそうじ)
創立平安時代
住所〒490-1145 愛知県海部郡大治町中島大門先139
電話052-444-2259
アクセス名鉄バス名鉄バスセンター安松系統 大治役場前バス停下車 徒歩5分
名古屋市営バス 大治役場前バス停下車 徒歩5分
名古屋駅より車で15分
駐車場16台完備